2020.10.28 Wednesday

洞爺地区動力船乗り場

洞爺地区動力船乗り場のご案内

周囲約43km最大深度約180mの
国内有数の透明度を誇る「洞爺湖」

湖の中心部にある「中島」

南湖岸に広がる「有珠山や昭和新山」

湖の北側へ目を向けると蝦夷富士「羊蹄山」

素晴らしい環境でクルージングを楽しめます

洞爺湖中島水中.jpg

洞爺地区動力船乗り場を利用する皆様へ

ルールが守られない場合や苦情が多い場合は、洞爺湖での利用を制限、または、禁止する場合があります。

洞爺湖を利用する全ての人が、お互いにマナーを守り、快適に過ごせるように心がけましょう。

関係法令やルールを守って安全に楽しく過ごしましょう。

皆様のご協力をお願いします。

料金

洞爺地区動力船乗り場を利用する皆様から、以下の「環境維持協力費」を受付時に徴収しております。

環境維持協力費(2020年度)
動力船 1艇 1泊 1,800円
キャンプ 大人1名
(中学生〜)
1泊 700円
キャンプ 小人1名
(小学生まで)
1泊 300円

表を横スクロールしてご確認ください。

利用時間と期間について

利用時間と利用禁止時間

利用時間と利用禁止時間
利用時間 8:00〜12:00
13:00〜17:00
利用禁止時間

※利用禁止時間中は、出艇場所にお戻り下さい。

17:00〜8:00
12:00〜13:00

表を横スクロールしてご確認ください。

  • ※新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴い、受入人数と台数を制限して運営しております。
  • ※受入人数、及び、受入台数の制限以上は、受け入れ不可です。お越し頂いてもお帰りいただく場合があります。
    またの機会にご利用ください。
  •   
  • ※2020年度は、予約制ではございません。

2020年度の利用期間に関して

利用期間に関しては、NPO法人PW安全協会ホームページの「ゲレンデ情報ページ」洞爺地区動力船乗り場カレンダーをご参照下さい。

pdf NPO法人PW安全協会「洞爺地区動力船乗り場カレンダー」 (4.15MB)

洞爺地区動力船乗り場の利用ルール&禁止事項について

関係法令やルールを守って安全に楽しく過ごしましょう。

ルールが守られない場合や苦情が多い場合は、洞爺湖での利用を制限、または、禁止する場合があります。

洞爺湖を利用する全ての人が、お互いにマナーを守り、快適に過ごせるように心がけましょう。

皆様のご協力をお願いします。

洞爺地区動力船乗り場の利用ルール&禁止事項は、以下のリンクよりダウンロードできます。

pdf 2020年版_洞爺地区動力船乗場ルール_洞爺湖町レジャー対策協議会.pdf (9.75MB)

ルール・禁止事項に関して

  1. 1 「船舶職員及び小型船舶操縦者法」及び、関係法令を遵守すること
  2. 2 自己操縦義務を遵守すること(小型船舶操縦法)

    水上オートバイの場合:小型船舶操縦者免許証を所持していない者の操縦禁止

  3. 3 酒酔い等操縦の禁止(小型船舶操縦法)

    飲酒、薬物の服用等、正常に操縦できない状態を含む

  4. 4 危険操縦の禁止(小型船舶操縦法)
    • 遊泳者、カヌー、カヤック、SUP、ウィンドサーフィン等から十分に離れて操縦すること
    • 危険の恐れがある操縦は禁止
  5. 5 ライフジャケット(PFD)を必ず着用すること(小型船舶操縦法)

    ルール違反(未着用)で死亡事故発生有り

  6. 6 発航前に必ず点検を実施すること(小型船舶操縦法)

    湖上での故障により、遭難事故、水没事故等発生有り

  7. 7 見張りの実施をすること(小型船舶操縦法)

    周囲の状況や他の船舶等に十分に注意して安全を確保して下さい

  8. 8 事故時の人命救助に協力すること(小型船舶操縦法)
  9. 9 高波等の荒天時は、乗船しないこと(事故防止)
    • 高波による航行時に死亡事故発生有り
    • 監視員から利用中止の指示を受けた場合は、指示に従うこと
  10. 10 不必要なエンジンの空ぶかしの禁止(騒音防止)
  11. 11 消音器等を改造した船舶の航行禁止(騒音防止)

    特にスタンディング

  12. 12 陸から300m以内の禁止区域での航行の禁止(騒音事故防止)
    • 別紙地図参照
      利用禁止エリアマップ 1 / 利用禁止エリアマップ 2
    • 浮標(ブイ)設置箇所より陸側に入らないこと
    • 浮標がないところでも陸から300m以内に入らないこと
    • 故障等で禁止区域に入る可能性がある場合は、動力船乗り場に必ず連絡すること
    • 陸から300m以内の禁止区域内でのスタンディング、バナナボート等の曳行遊具、ウェイクボート等も禁止
  13. 13 中島への上陸は、全面禁止(環境保全)
  14. 14 離発着場所の厳守(別紙地図参照)
  15. 15 離発着時に禁止区域を航行する際は、デッドスロー(微速)を遵守(騒音防止)
  16. 16 遊覧船の航路に入らない、近づかないこと(安全対策)
  17. 17 取水口、放水口、漁網、浮標、ホテルには、近づかないこと(安全対策)

    苦情が多発。今後も続く場合は、利用の制限を行う場合があります

  18. 18 5台以上の集団滑走の禁止(安全対策)
  19. 19 利用中に発生したゴミは、各自の責任にて持ち帰ること(環境保全)
  20. 20 燃料、オイル等の湖への投棄は絶対にしないこと(環境保全)
  21. 21 暴力団構成員、その関係者、反社会勢力等に属する者の利用は認めない(条例)
  22. 22 その他の湖の利用者や地域住民の迷惑となる行為をしないこと
  23. 23 ウチダザリガニの捕獲禁止(外来生物法)

    飼育、野外にはなす、生きたままの移動、人にあげたり、売ったりすると、外来生物法違反となります

  24. 24 野鳥などを脅かすような航行をしない(環境保全)
  25. 25 利用する際は、受付管理小屋にて、当ルール&禁止事項への誓約書への署名、その他、所定の手続きを行なった上で環境維持整備協力金を負担し利用すること(環境保全・安全対策)
  26. 26 記載のない事項に関しては、公園監視人の指示に従いうこと
  27. 27 公園監視人の指示に従わない者、ルールに違反した者は、今後の利用を認めない

事故や故障時の緊急時の対処について

  1. 1 事故や故障等により航行不能になった際は、冷静に行動して下さい

    無理に岸に向かって泳いだ人が犠牲になった事例もあります

  2. 2 自分の居場所を知らせる工夫をしましょう
    • 防水バックに入れた「携帯電話」や「発光紅炎」を必ず身に着ける
    • 陸に残る人に「どこに行くか」「何時に戻るか」を伝えておく
  3. 3 周囲に行方不明者や乗り場に戻らない人がいたら、すぐに管理小屋の監視員に連絡して下さい
  4. 4 救助が必要な人がいたり、異変を感じる人がいる場合は、声掛けをして無事を確かめたり、互いに助けあいましょう
  5. 5 緊急電話をかける場合は「洞爺地区動力船乗り場」と伝えて下さい

ルール&禁止事項について(キャンプ)

利用するすべての人が、湖畔でのキャンプを快適に過ごして頂くためにお互いに協力し、以下のルール&禁止事項を守って下さい

  1. 1 テントやタープは、必ず、山側(林)に設営すること
    • 湖側のテント設営は禁止
    • 湖側にテント設営すると動力船の離着岸の妨げになるため
  2. 2 バギーの持ち込み禁止
  3. 3 キャンプ場所の確保は、必要最小限にすること
    • 一部の人が広く場所を取ると、後から来た人が入れません
    • 監視員の指示に必ず従って下さい
  4. 4 牽引車両以外の車両は、場外の駐車場を利用すること

    岸が車両で混雑すると、動力船の離着岸ができないため

  5. 5 音楽等は、他の利用者の迷惑になるので、音量に注意して下さい
  6. 6 21:00以降の音楽や大きな声での会話等の騒音に配慮すること
  7. 7 監視員の指導に従わない場合は、利用をご遠慮いただきます
  8. 8 その他、記載のない事項や不明点は、監視員の指導に従って下さい

利用禁止エリアマップ 1

レジャー用動力船等規制図(洞爺地区).png

利用禁止エリアマップ 2

洞爺湖内水面レジャー用マップ.png

ペット同伴の注意事項

ペット同伴者の方へ.png

外来生物の捕獲禁止

洞爺地区動力船乗り場を利用する方は、ウチダザリガニ等の捕獲を禁止いたします。

ウチダザリガニリーフレット.png
出典:環境省 北海道地方環境事務所

その他

ルールや注意事項の書面に記載のない事項は、関係法令、警察、町職員、観光協会職員、指導員、警備員、近隣住民等の指導に従ってください。

緊急連絡先・お問い合わせ

  • 洞爺地区動力船乗り場 監視員 連絡先:監視小屋に掲示しています。受付時にご確認ください。
  • 消防:119
  • 警察:110
  • 洞爺まちづくり観光協会0142-82-5277 平日、土、日、祝日含む(9:00〜17:00)
  • 洞爺湖町レジャー対策協議会0142-82-5111 平日のみ(8:45〜17:00まで)